2016年 05月 06日 ( 1 )

子どもの日



もう実家に行っても両親はいない。
そんな実家へ行くのは気持ちがしんどい。
なのでー
KすけM子とユリ連れて実家へ行ったよ。


後ろのサンダルをユリがくわえて走りまわりましたー。
ハイ、お約束ですねー。
その後、ほうきもばらばらにしたー。
ユリがいると手がかかるー、でも笑うことができる。
近所の人にも声かけてもらえるよ。
元気で頑張ってと言われました。
e0244621_10203970.jpg




駐車場の掃除してるところー。
ユリはここで待っててね、、、。
でも、ふぃーんふぃーん言ってます。
e0244621_10204687.jpg





私はつい最近までおばちゃんが生きてました。
優しく楽しく明るいおばあちゃんで
いい想い出がたくさんあるのに、
もうKすけ達にはおじいちゃんおばあちゃんがいないのよね。
これからもますます
私達やユリといっぱい想い出作ろうね。
e0244621_10205441.jpg




Kすけ達は、私が前に飼ってた子たちを
覚えているそうです。
そして、かわいかったと言ってくれます。
だけどー
Kすけ達にとっては、ユリとの想い出が一番なんだと思う。
ユリがシャンプーで皮膚が真っ赤になったときも
2人は泣きながら病院についてきたな~。


暑い日だったので
ゲージにいれないで座席で。
一度ね、、私の車じゃないけどね、
夏にユリをゲージに入れてちょっと
吐き戻したりしたことがあったんですよ。
私はあれって熱中症のなりかけだと思ってる。
夏の暑さは怖いです。
e0244621_10210115.jpg



最後に、、
ユリを飼う時に
国際犬さんを紹介してくれた
実家のすぐそばに住んでるTさんが亡くなられたことを
この日知りました。
この方がいなければ
私たちはユリを迎えていませんでした。


Tさん、いつも気にかけてくださり
ありがとうございました。
安らかにお眠りください。
ご冥福をお祈りします。


[PR]
by yuri20110412 | 2016-05-06 10:39 | ママの日記 | Comments(8)

17年ぶりに5ヶ月のラブラドールと暮らすことになりました。ユリとの甘い生活をみてくださいね。


by yuri20110412